大日如来(だいにちにょらい) 密教 全宇宙を神格化した仏

HOME > 仏像を知る > 如来(にょらい) > 大日如来(だいにちにょらい)

  大日如来

大日如来(だいにちにょらい)は、大いなる智慧の光明で人々を照らし、平和と繁栄をもたらしてくれる仏です。毘盧遮那如来と同じであるともいわれ、梵名は「マハー・ヴァイローチャナ(虚空にあまねく存在するという意味)」といい、摩訶毘盧遮那如来(まかびるしゃなにょらい)、大光明遍照(だいこうみょうへんじょう)とも呼ばれます。

大日如来は、毘盧遮那如来 を密教の思想にもとづいて発展させた如来で、全宇宙を神格化した仏です。

大日如来は、金剛界(こんごうかい。悟りへの道筋を表す)と胎蔵界(たいぞうかい。慈悲の広がりを表す)の2つがあります。
金剛界の大日如来は、「金剛頂経」にもとづき、悟りをえるために必要な智慧を象徴します。
金剛界の大日如来は、智拳印(ちげんいん。左手の親指を中に入れて人差し指を立てた拳をつくり、立てた人差し指の二節から上を右手の拳で握り込む形)を結んでいます。
胎蔵界の大日如来は、「大日経」にもとづき、無限の慈悲の広がりを象徴します。
胎蔵界の大日如来は、法界定印(ほっかいじょういん。両手のひらを上に向け、左手の上に右手の甲を重ね、 両方の親指を軽く触れ合わせる形)を結んでいます。

釈迦如来阿弥陀如来薬師如来 などは 大日如来の化身で、他の如来と異なり 宝冠などの装飾品を身に着けています。
大日如来は、蓮華座に結跏趺坐し、瓔珞(ようらく)、臂釧(ひせん)、腕釧(わんせん)を身につけている姿が一般的です。

大日如来は、平安時代に真言宗・空海により、日本に伝来したと言われています。
大日如来は、真言宗の本尊として安置されています。

大日如来像は 円成寺・大日如来像が有名です。
東京の上野駅前にある東京国立博物館(トーハク)では、大日如来坐像が見学できます。

HOME > 仏像を知る > 如来(にょらい) > 大日如来(だいにちにょらい)



仏像を見る
有名な仏像 |  珍しい仏像 |  大仏 |  地図で見る

仏像を知る
仏像の分類
如来(にょらい)
   釈迦如来 |  阿閦如来 |  阿弥陀如来 |  薬師如来 |  毘盧遮那如来 |  大日如来 | 
   多宝如来 |  五智如来
菩薩(ぼさつ)
   観音菩薩 |  弥勒菩薩 |  地蔵菩薩 |  勢至菩薩 |  虚空蔵菩薩 |  普賢菩薩 |  文殊菩薩 | 
   月光菩薩 |  日光菩薩
明王(みょうおう)
   不動明王 |  降三世明王 |  軍茶利明王 |  大威徳明王 |  金剛夜叉明王 |  愛染明王 | 
   孔雀明王 |  烏枢沙摩明王
天部(てんぶ)
   梵天 |  帝釈天 |  持国天 |  増長天 |  広目天 |  多聞天 |  毘沙門天 |  弁財天 |  吉祥天 | 
   鬼子母神 |  韋駄天

仏像をもっと知る
仏像の特徴 |  仏像の材質 |  仏像の目 |  仏像の手 |  仏像の姿勢 |  仏像の持ち物 | 
仏像の装飾品 |  仏像の荘厳具 |  仏像の用語 |  仏像の書籍

仏像と仏教を知る
仏教・仏像の歴史 |  日本仏教の歴史 |  日本仏教の宗派 |  仏像彫刻の書籍 |  仏像彫刻の教室 | 
写経の書籍 |  写経のできる寺 |  般若心経


仏像を見る

有名な仏像 |  珍しい仏像 |  大仏
地図で見る


仏像を知る

仏像の分類
如来(にょらい)
   釈迦 |  阿閦 |  阿弥陀 | 
   薬師 |  毘盧遮那 |  大日 | 
   多宝 |  五智
菩薩(ぼさつ)
   観音 |  弥勒 |  地蔵 |  勢至 | 
   虚空蔵 |  普賢 |  文殊 | 
   月光 |  日光
明王(みょうおう)
   不動 |  降三世 |  軍茶利 | 
   大威徳 |  金剛夜叉 |  愛染 | 
   孔雀 |  烏枢沙摩
天部(てんぶ)
   梵天 |  帝釈天 |  持国天 | 
   増長天 |  広目天 |  多聞天 | 
   毘沙門天 |  弁財天 | 
   吉祥天 |  鬼子母神 | 
   韋駄天

仏像をもっと知る

特徴 |  材質 |   |   |  姿勢 | 
持ち物 |  装飾品 |  荘厳具 | 
用語 |  仏像の書籍

仏像と仏教を知る

仏教・仏像の歴史
日本仏教の歴史
日本仏教の宗派
仏像彫刻の書籍
仏像彫刻の教室
写経の書籍
写経のできる寺
般若心経