不動明王(ふどうみょうおう)

HOME > 仏像を知る > 明王(みょうおう) > 不動明王(ふどうみょうおう)

    不動明王

不動明王(ふどうみょうおう)は、五大明王(ごだいみょうおう)の中心となる明王です。「お不動さん」とも呼ばれ親しまれている仏です。真言宗・天台宗・禅宗・日蓮宗などの日本仏教で幅広く信仰されています。

サンスクリット(梵名)ではアチャラナータ(シバ神の異名)と言われます。「アチャラ」は「動かない」、「ナータ」は「守護者」を意味するため「不動」と日本語訳されています。

不動明王は、憤怒の形相で、右手には三鈷剣(さんこけん)を、左手には、羂索(けんじゃく)を持ち、迦楼羅焔(かるらえん)を背負っている姿が一般的です。
また、天地眼と呼ばれる「右眼を見開き、左眼をすがめる」または「右眼で天をにらみ、左眼で地をにらむ」眼をしています。
よく見ると、右側の牙が上を向き、左側の牙が下を向いていて、磐石(ばんじゃく)といわれる粗岩の上に立つか座っています。

大日如来 の化身である不動明王の眷属(けんぞく)には、矜羯羅(こんがら)、制多迦(せいたか)がいます。
不動明王が矜羯羅、制多迦の二童子を脇侍(わきじ)にした三体の像を 不動三尊(三体不動)と呼びます。
穏やかな表情をしているのが矜羯羅童子で、好戦的な表情をしているのが制多迦童子です。
矜羯羅童子は、釈迦の悟った心理・法の本性を理解し、法の教えを実践します。
制多迦童子は、他者の利益になることをおこなう、おこないの行(ぎょう)を実践します。

眷属(けんぞく)は、明王に従属する使者です。
不動明王の眷属の人数は、二童子、三童子、四童子、五使者、八大童子、十二使者、三十六童子、四十八使者など経典によって異なります。
不動三尊(不動明王+矜羯羅童子+制多迦童子)が一般的です。
不動明王の眷属には、矜羯羅童子(こんがらどうじ)、制多迦童子(せいたかどうじ)以外には、慧光童子(えこうどうじ)、慧喜童子(えきどうじ)、阿耨達童子(あのくたどうじ)、指徳童子(しとくどうじ)、烏倶婆伽童子(うぐばがどうじ)、清浄比丘童子(しょうじょうびくどうじ)などがいます。

不動明王の眷属は、不動明王の功徳や活動力を具現化したものとも言われています。
不動明王の功徳や活動力は、衆生(しゅじょう)ひとりひとりの煩悩や願いのように、数限りなくあります。
このような功徳や活動力といった具体的に表現できないものを、衆生の眼に見えるものとして表現したのが「眷属」だと言われています。

仏像ではありませんが、曼殊院・黄不動、 青蓮院・青不動、高野山明王院・赤不動も有名です。非公開や公開時期が限られているものも多く、拝観できる機会は限られていますが。

倶利伽羅竜王(くりからりゅうおう)は不動明王の化身です。倶利伽羅不動ともよばれます。
倶利伽羅竜王が右手に持つ剣には龍がからみついています。龍は煩悩(ぼんのう)をあらわし、剣は悟りをあらわします。
煩悩(=龍)と悟り(=剣)とがからみあっているのは、煩悩におおわれた娑婆世界が、そのまま悟りの世界であることを意味します。
倶利伽羅竜王の像は、滝などの横に置かれることが多く、修行(滝行)の際の信仰の対象となります。

不動明王

HOME > 仏像を知る > 明王(みょうおう) > 不動明王(ふどうみょうおう)



仏像を見る
有名な仏像 |  珍しい仏像 |  大仏 |  地図で見る

仏像を知る
仏像の分類
如来(にょらい)
   釈迦如来 |  阿閦如来 |  阿弥陀如来 |  薬師如来 |  毘盧遮那如来 |  大日如来 | 
   多宝如来 |  五智如来
菩薩(ぼさつ)
   観音菩薩 |  弥勒菩薩 |  地蔵菩薩 |  勢至菩薩 |  虚空蔵菩薩 |  普賢菩薩 |  文殊菩薩 | 
   月光菩薩 |  日光菩薩
明王(みょうおう)
   不動明王 |  降三世明王 |  軍茶利明王 |  大威徳明王 |  金剛夜叉明王 |  愛染明王 | 
   孔雀明王 |  烏枢沙摩明王
天部(てんぶ)
   梵天 |  帝釈天 |  持国天 |  増長天 |  広目天 |  多聞天 |  毘沙門天 |  弁財天 |  吉祥天 | 
   鬼子母神 |  韋駄天

仏像をもっと知る
仏像の特徴 |  仏像の材質 |  仏像の目 |  仏像の手 |  仏像の姿勢 |  仏像の持ち物 | 
仏像の装飾品 |  仏像の荘厳具 |  仏像の用語 |  仏像の書籍

仏像と仏教を知る
仏教・仏像の歴史 |  日本仏教の歴史 |  日本仏教の宗派 |  仏像彫刻の書籍 |  仏像彫刻の教室 | 
写経の書籍 |  写経のできる寺 |  般若心経


仏像を見る

有名な仏像 |  珍しい仏像 |  大仏
地図で見る


仏像を知る

仏像の分類
如来(にょらい)
   釈迦 |  阿閦 |  阿弥陀 | 
   薬師 |  毘盧遮那 |  大日 | 
   多宝 |  五智
菩薩(ぼさつ)
   観音 |  弥勒 |  地蔵 |  勢至 | 
   虚空蔵 |  普賢 |  文殊 | 
   月光 |  日光
明王(みょうおう)
   不動 |  降三世 |  軍茶利 | 
   大威徳 |  金剛夜叉 |  愛染 | 
   孔雀 |  烏枢沙摩
天部(てんぶ)
   梵天 |  帝釈天 |  持国天 | 
   増長天 |  広目天 |  多聞天 | 
   毘沙門天 |  弁財天 | 
   吉祥天 |  鬼子母神 | 
   韋駄天

仏像をもっと知る

特徴 |  材質 |   |   |  姿勢 | 
持ち物 |  装飾品 |  荘厳具 | 
用語 |  仏像の書籍

仏像と仏教を知る

仏教・仏像の歴史
日本仏教の歴史
日本仏教の宗派
仏像彫刻の書籍
仏像彫刻の教室
写経の書籍
写経のできる寺
般若心経