仏像の手

HOME > 仏像をもっと知る > 仏像の手

仏像の手(と指)の形は 印相(いんぞう)と呼ばれ、仏のメッセージをあらわしています。

名称 説明
禅定印
(ぜんじょういん)
両手のひらを上に向けて重ねて、親指同士が触れ合う形。瞑想する姿をあらわす。座禅印(ざぜんいん)、法界定印(ほうかいじょういん)、定印(じょういん)ともいわれる。釈迦如来など。


刀印
(とういん)
左手は下げて人差し指と中指を立て、右手は上げて開く。阿弥陀如来が説法する姿をあらわす。


阿弥陀定印
(あみだじょういん)
両手のひらを上に向けて重ねて、親指同士が触れ合うように合わせ、両方の人差し指を立てて親指と輪をつくった形。瞑想する姿をあらわす。阿弥陀如来の印。


来迎印
(らいごういん)
右手は上げて、左手は下げ、親指と人差し指を合わせて輪をつくる(OKサイン)。往生者を極楽浄土に迎えにくる阿弥陀如来の印。


施無畏・与願印
(せむい・よがんいん)
右手は上げて、左手は下げ、手のひらを開いた形。右は人々の畏れを取り除く施無畏印、左は人々の願いに応じる与願印。釈迦如来など。


触地印
(しょくちいん)
片手の手を下し、人差し指(または中指)で地面に触れる形。悟りを得た釈迦が悪魔を退けた姿をあらわす。降魔印(ごうまいん)ともいう。日本国内の仏像では、触地印を結ぶ仏像は少ない。


説法印
(せっぽういん)
両手を胸の前に上げ、親指と人差し指を合わせて輪をつくる(OKサイン)。如来が説法する姿をあらわす。釈迦如来、阿弥陀如来など。転法輪印(てんぼうりんいん)ともいう。


智拳印
(ちげんいん)
左手の人差し指を伸ばして右手のひらで包む形。智慧を象徴する金剛界大日如来の印。


思惟手
(しゆいしゅ)
人差し指と中指と薬指を軽く頬にあてて考える姿。広隆寺・弥勒菩薩像。


九品往生印
(くぼんおうじょういん)
阿弥陀如来の手の形があらわす、死後に向かう極楽浄土のランク。
阿弥陀定印(あみだじょういん)、説法印(せっぽういん)で上品上生、中品中生、下品下生などの9ランクをあらわした印。九品の弥陀(くほんのみだ)ともいわれる。

「輪を作る指(親指と人さし指、親指と中指、親指と薬指)」の3種類と「手の位置(ひざの上、胸の前、右手が胸・左手ひざ)」の3種類を組みわせて9種類の印がある。
・上品上生(じょうぼん じょうしょう)親指と人さし指で輪を作り、ひざの上で手を組む。
・上品中生(じょうぼん ちゅうしょう)親指と人さし指で輪を作り、両手が胸の前。
・上品下生(じょうぼん げしょう)親指と人さし指で輪を作り、右手が胸、左手ひざ。
・中品上生(ちゅうぼん じょうしょう)親指と中指で輪を作り、ひざの上で手を組む。
・中品中生(ちゅうぼん ちゅうしょう)親指と中指で輪を作り、両手が胸の前。
・中品下生(ちゅうぼん げしょう)親指と中指で輪を作り、右手が胸、左手ひざ。
・下品上生(げぼん じょうしょう)親指と薬指で輪を作り、ひざの上で手を組む。
・下品中生(げぼん ちゅうしょう)親指と薬指で輪を作り、両手が胸の前。
・下品下生(げぼん げしょう)親指と薬指で輪を作り、右手が胸、左手ひざ。


インドでは「手の形」で意志をあらわす習慣がありました。この習慣から発展して印相ができたといわれています。
印相は「印契(いんけい)」あるいは「印(いん)」とも呼ばれます。

HOME > 仏像をもっと知る > 仏像の手



仏像を見る
有名な仏像 |  珍しい仏像 |  大仏 |  地図で見る

仏像を知る
仏像の分類
如来(にょらい)
   釈迦如来 |  阿閦如来 |  阿弥陀如来 |  薬師如来 |  毘盧遮那如来 |  大日如来 | 
   多宝如来 |  五智如来
菩薩(ぼさつ)
   観音菩薩 |  弥勒菩薩 |  地蔵菩薩 |  勢至菩薩 |  虚空蔵菩薩 |  普賢菩薩 |  文殊菩薩 | 
   月光菩薩 |  日光菩薩
明王(みょうおう)
   不動明王 |  降三世明王 |  軍茶利明王 |  大威徳明王 |  金剛夜叉明王 |  愛染明王 | 
   孔雀明王 |  烏枢沙摩明王
天部(てんぶ)
   梵天 |  帝釈天 |  持国天 |  増長天 |  広目天 |  多聞天 |  毘沙門天 |  弁財天 |  吉祥天 | 
   鬼子母神 |  韋駄天

仏像をもっと知る
仏像の特徴 |  仏像の材質 |  仏像の目 |  仏像の手 |  仏像の姿勢 |  仏像の持ち物 | 
仏像の装飾品 |  仏像の荘厳具 |  仏像の用語 |  仏像の書籍

仏像と仏教を知る
仏教・仏像の歴史 |  日本仏教の歴史 |  日本仏教の宗派 |  仏像彫刻の書籍 |  仏像彫刻の教室 | 
写経の書籍 |  写経のできる寺 |  般若心経


仏像を見る

有名な仏像 |  珍しい仏像 |  大仏
地図で見る


仏像を知る

仏像の分類
如来(にょらい)
   釈迦 |  阿閦 |  阿弥陀 | 
   薬師 |  毘盧遮那 |  大日 | 
   多宝 |  五智
菩薩(ぼさつ)
   観音 |  弥勒 |  地蔵 |  勢至 | 
   虚空蔵 |  普賢 |  文殊 | 
   月光 |  日光
明王(みょうおう)
   不動 |  降三世 |  軍茶利 | 
   大威徳 |  金剛夜叉 |  愛染 | 
   孔雀 |  烏枢沙摩
天部(てんぶ)
   梵天 |  帝釈天 |  持国天 | 
   増長天 |  広目天 |  多聞天 | 
   毘沙門天 |  弁財天 | 
   吉祥天 |  鬼子母神 | 
   韋駄天

仏像をもっと知る

特徴 |  材質 |   |   |  姿勢 | 
持ち物 |  装飾品 |  荘厳具 | 
用語 |  仏像の書籍

仏像と仏教を知る

仏教・仏像の歴史
日本仏教の歴史
日本仏教の宗派
仏像彫刻の書籍
仏像彫刻の教室
写経の書籍
写経のできる寺
般若心経