仏像の姿勢 3種類(立像, 坐像, 臥像)

HOME > 仏像をもっと知る > 仏像の姿勢

仏像の姿勢は 大きく分類すると 立像(りゅうぞう)、坐像(ざぞう)、臥像(がぞう)の3種類です。

名称 説明
立像(りゅうぞう) 立った姿。足を揃えて立つもの、左右どちらかの足を前に出すものなどがある。
立っている像は人々を救おうと立ち上がった姿。

坐像(ざぞう) 座った姿。さまざまな座り方がある。
座っている像は人々を救う方法を考えておられる姿。

臥像(がぞう) 横になり涅槃に入る釈迦の姿をあらわしたもの。釈迦如来像のみ。



座った姿である 坐像(ざぞう)には、さまざまな座り方があります。

名称 説明
結跏趺坐
(けっかふざ)
右足が手前の「吉祥坐(きっしょうざ)」と左足が手前の「降魔坐(ごうまざ)」がある。吉祥坐の場合、左足の甲を右ふとももの上に置き、右足の甲を左ふとももにのせる。


半跏趺坐
(はんかふざ)
左右どちらかの足を反対のふとももの上にのせる。上から見ると片方の足の裏だけが見える。


輪王坐
(りんのうざ)
片膝を立てて、片方の手を後ろの床につく。如意輪観音、馬頭観音など。


跪坐
(きざ)
日本式の正座して 腰をやや浮かせている座り方。京都三千院・脇侍菩薩など。


倚坐
(いざ)
椅子に座っている姿。両足を揃えてすわる「善跏倚坐(ぜんかいざ)」、左右の足を交差させる「交脚坐(こうきゃくざ)」など。


半跏踏下坐
(はんかふみさげざ)
倚坐(いざ)の片足を反対の膝の上にのせた座り方。広隆寺・弥勒菩薩など。


遊戯坐
(ゆげざ)
椅子に座り、足を組まない姿。半跏趺坐(はんかふざ)、半跏踏下坐(はんかふみさげざ)の足をゆるめた形。




HOME > 仏像をもっと知る > 仏像の姿勢



仏像を見る
有名な仏像 |  珍しい仏像 |  大仏 |  地図で見る

仏像を知る
仏像の分類
如来(にょらい)
   釈迦如来 |  阿閦如来 |  阿弥陀如来 |  薬師如来 |  毘盧遮那如来 |  大日如来 | 
   多宝如来 |  五智如来
菩薩(ぼさつ)
   観音菩薩 |  弥勒菩薩 |  地蔵菩薩 |  勢至菩薩 |  虚空蔵菩薩 |  普賢菩薩 |  文殊菩薩 | 
   月光菩薩 |  日光菩薩
明王(みょうおう)
   不動明王 |  降三世明王 |  軍茶利明王 |  大威徳明王 |  金剛夜叉明王 |  愛染明王 | 
   孔雀明王 |  烏枢沙摩明王
天部(てんぶ)
   梵天 |  帝釈天 |  持国天 |  増長天 |  広目天 |  多聞天 |  毘沙門天 |  弁財天 |  吉祥天 | 
   鬼子母神 |  韋駄天

仏像をもっと知る
仏像の特徴 |  仏像の材質 |  仏像の目 |  仏像の手 |  仏像の姿勢 |  仏像の持ち物 | 
仏像の装飾品 |  仏像の荘厳具 |  仏像の用語 |  仏像の書籍

仏像と仏教を知る
仏教・仏像の歴史 |  日本仏教の歴史 |  日本仏教の宗派 |  仏像彫刻の書籍 |  仏像彫刻の教室 | 
写経の書籍 |  写経のできる寺 |  般若心経


仏像を見る

有名な仏像 |  珍しい仏像 |  大仏
地図で見る


仏像を知る

仏像の分類
如来(にょらい)
   釈迦 |  阿閦 |  阿弥陀 | 
   薬師 |  毘盧遮那 |  大日 | 
   多宝 |  五智
菩薩(ぼさつ)
   観音 |  弥勒 |  地蔵 |  勢至 | 
   虚空蔵 |  普賢 |  文殊 | 
   月光 |  日光
明王(みょうおう)
   不動 |  降三世 |  軍茶利 | 
   大威徳 |  金剛夜叉 |  愛染 | 
   孔雀 |  烏枢沙摩
天部(てんぶ)
   梵天 |  帝釈天 |  持国天 | 
   増長天 |  広目天 |  多聞天 | 
   毘沙門天 |  弁財天 | 
   吉祥天 |  鬼子母神 | 
   韋駄天

仏像をもっと知る

特徴 |  材質 |   |   |  姿勢 | 
持ち物 |  装飾品 |  荘厳具 | 
用語 |  仏像の書籍

仏像と仏教を知る

仏教・仏像の歴史
日本仏教の歴史
日本仏教の宗派
仏像彫刻の書籍
仏像彫刻の教室
写経の書籍
写経のできる寺
般若心経